気持ちいい日差しでポカポカの今日。

みなさまご機嫌麗しくお過ごしのここと思います。

hizashiNEC_0081.jpg

なんて日差しにだまされて薄着でお出かけなんてしていませんか~

今夜は冬っぽい冷えを感じる夜になりましたわ。

冬やねえ。 11月だもんね。 




話はまったく違う方向に飛びますが・・・

先日久しぶりにエメヴィベールでフレンチをいただいた話しましたよね。

その後だったと思うんやけど、都内で「クープ・ジョルジュ・バティスト」の

世界大会が開催され、めでたく優勝されたのは、何と!にっぽんのジョエル・ロブションにお勤めの宮崎さんという方、もちろん給仕担当。

日本ではソムリエやシェフの重要性は認められている一方で、

給仕のサービスはほとんど認識されていない。

とありましたが、ほんまそう思いますわ。

良い給仕というものは客がくつろいで食事を楽しめるよう最大の努力を払っており、

シェフの料理以上に果たす役割は大きいのだと

同感!同感!



エメヴィベールでも、そうだったのですが、いつもliveをさせていただくお店で

スタッフがもっとも気を遣うのは、まさしく、そこんとこだそうで

私が良いステージを努めるのは当たり前だと そりゃそうだ

それ以外、例えばお食事していただくにあたって、会場に選んだ店の給仕の方が

いかに、お客様にご満足いただけるサービスを提供してくださるか



今まで、お陰さまで、どのお店の給仕くださる方々は

心こもったサービスをしてくださいました。ありがとう。



こんな大会、こんな素晴らしい賞があることも知らんかった私ですが

やはり、身近に感じる大切な部分。

これからもliveのみならず、どこでも気持ちいいサービスに出会えますように

スポンサーサイト
Secret